月9「カインとアベル」の1話を見て隆一は優へ嫉妬/ ネタバレ/考察

ドラマ「カインとアベル」の1話を見て、次回も楽しみになりました。

キャスト名も演技が上手い人が勢揃いしているので、興味深いです。

今までの月9のラブストーリーとは違う感じで見入ってしまいました。

山田涼介くんが演じる高田優は、宣伝とか見てると仕事ができないタイプなのかと思っていましたが、違いました。

仕事のセオリーを無視して、挫折しながらも、自分のやり方を貫き通すところが素敵でした。

世の中は全てお金で動いていると思わせておきながら、大逆転させる高田優は仕事ができる人間なんだと感じました。

兄役の桐谷健太さん演じる高田隆一は、とても弟思いで冷静でクールで頼りになる存在だと伝わってきました。

2人の父親、高嶋政伸さんが演じる高田貴行は、隆一を跡取りにするべく、厳しく育てていた反面、優には冷たくあたっていました。

仕事に出勤する時も、隆一は父と車で通勤なのに、優は自転車で通勤していました。

兄弟での差別が激しいなと感じました。

隆一は優より自分の方が父親に気に入られてると思っていたけど、父親の貴行が優に期待を抱くような発言をするシーンがあって、隆一は、違和感を感じていました。

これが、後に、嫉妬に変わっていくのかなという風に思いました。

このドラマは聖書をモチーフにされており、ドラマ自体の雰囲気にミステリアスさを感じました。

兄弟が同じ女性を愛してしまうというのはドラマが始まる前から知っていたのですが、1話で 隆一と倉科カナさん演じる矢作梓は恋人関係にありました。

となると、優はこれからどのように、矢作梓と関係を持つようになるのか、修羅場がどのように表現されるのか、とても楽しみです。

矢作梓は、とても仕事熱心で、年下の優には恋心なんて抱きそうにありませんが、優の仕事の仕方には尊敬の意があるのかなと思います。

梓が、隆一に優の仕事への熱意を語っているシーンがありました。

このシーンで、隆一は優へ嫉妬したと思います。

1話では、隆一は父親の貴行にお見合い、いわゆる、契約結婚?を勧めてて、でも、隆一は梓と付き合っていて、優は、仕事熱心な梓のことを気になっていて…

隆一は1話のラストシーンで梓に「父に会ってほしい」と言っていましたが、貴行は認めるのでしょうか。

兄弟のどちらが梓を手に入れることができるのかも気になりますが、常に、兄の隆一と仕事の出来高で比べられてしまう高田優の仕事の仕方もこれから、注目して見ていきたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました